日々の出来事やヘルスケアなど

美容と健康、日記など

背が高くなる3つの方法

乳児期において十分な食事を摂っていて、成長もほかの子供と変わらないのに、そのあとの背の伸びが悪く思春期にも急激な身長の伸びが見られないケースは、成長ホルモンは分泌されていても、その量が不足していることが考えられます。
乳幼児期の体格も標準的で、それから小学生の時期にかけて食欲も普通に通にあり、思春期の時期も平均的で成長ホルモンの分泌も正常であるにもかかわらず、成長期における、骨を伸ばす骨髄線が成長ホルモンの反応を受けにくくなっているケースで、これはごく稀な症状でもあるそうです。
成人してから低身長に悩み、身長を伸ばす方法をあれこれ試さなくてもいいように、子供の頃からしっかりと栄養を与えましょう。
最近は特に小中学生の女の子に見られるのですが、何かの原因で急激なダイエットに取り組んでしまうケースがあり、順調に背が伸びていたのにかかわらず、ダイエットが原因で伸びが止まってしまう場合があります。

制度や条件などは、改定されることもあるので最新の情報を入手しましょう。
対象年齢は小児なので18歳未満で、引き続き治療が必要な場合は20歳未満の児童です。
対象疾患は小児癌白血病などの悪性新生物や、ネフローゼ症候群など慢性腎疾患、気管支喘息などの慢性呼吸器疾患、心室中隔欠損症などの慢性心疾患、膠原病、糖尿病、先天性代謝異常、血友病や免疫疾患、神経・筋疾患、慢性消化器疾患などです。

まずは、猫背を解消し、背骨の歪みを取るストレッチからご紹介します。
床にうつぶせに寝て両手を肩と平行に伸ばし、両足は揃えてつま先を伸ばした状態にします(足の甲が床に付くように)。
そこから身体を反らして上に引き上げ、首も後ろに反らします。
この状態で足も床から浮かせるようにして、お腹だけが床に付いている状態にします。
この姿勢で5秒キープし、身体を下ろす、という動作を10回繰り返しましょう。
入浴後の身体が柔らかくなった時間に行うと効果が上がります。

その他例えば、枕が頭や首に合っていない、誰かのイビキがうるさい、部屋が明るい、布団が硬い、布団が柔らかすぎて寝返りがしづらい、異臭がする、常に仰向けかうつ伏せで寝ている、衣服・布団・ベッドが小さい、季節や天候によって気温が低い・高い、湿度が低い・高いなどなど、こういった細かい部分も工夫して改善に努め、できるだけ睡眠を摂りやすい環境を整えましょう。
その毎日の積み重ねが身長を伸ばす事繋がります。
親御さんも協力し、是非ともお子さんのために快適な睡眠環境を作ってあげて下さい。
尚、室温は夏で26度、冬で22度前後、湿度は夏冬共に40~60%になるようにすると良いとされています。

白髪と戦う日々

たった1本でも、見つけてしまうと大きなショックを受ける白髪。
「白髪」は、髪の色が白く変化したものですが、この変化にはメラニン色素が関わっています。
メラニン色素を作り出す細胞(メラノサイト)は、髪の毛の根元の毛根の中にありますが、ここに異常が起こると、髪の毛を黒くできなくなり、結果白い髪になってしまうとのこと。
そして、メラニン色素に異常をきたす原因は、まず、まだ若い(早い場合は10代~)のに髪が白くなる「若白髪」では、「遺伝」と「ストレス」が考えられるそうです。
例えば学生が受けるストレスでは、人間関係や受験勉強などがあり、これらのストレスによって、メラニン色素を作り出すのに関係しているホルモンのバランスが崩れ、メラニン色素が生成されなくなってしまうことがあります。

すんごい気になったので、ネットで調べてみた所、若い人で28才位。
30代前半では結構多くの人が私と同じように初めての白髪にショックを受けているっていうことがわかりました。
で、興味深いのが、20代後半の若い頃から白髪を発見した!って人のそのほとんどが、妊娠・出産後から気がついた、って話している点。
確かに、妊娠・出産後には
→薄毛になったり
→フケが増えたり
→白髪が増えたり
といった口コミがかなり多くありました。

妊娠・出産は、白髪の原因になるんですねぇ。

白髪が髪にチラホラと混ざり始めるのは、個人差がありますが、30代後半という人が多いと思います。
40代になるともう染めなくてはならないくらい増えてしまう人もいます。
白髪は、老けて見えるし、さらに疲れて見えてしまいます。
手入れをしていないと不潔な印象も持たれてしまう可能性があります。
はじめのころは、ポツポツとあるので、抜いている人もいるようですが、頭皮を傷めることもあるので、やめておいたほうがよいでしょう。
特に、抜くと、後から生えてきた髪が他のより短く、かえって目立つこともあります。

白髪も、黒い髪と同様に「生きている」のです。枯れかかって元気を失っている状態、あるいは根元のところで栄養分を止められている状態ですが、決して死んでしまったのではありません。
もう一度栄養をあたえ、正しく手入れすれば、また黒い髪にもどる可能性がおおいにあり、それは体験例を読んでいただければ一目瞭然です。
髪は本来、とても丈夫なものです。
東本願寺の本堂の屋根が、どんな鯛を使っても持ちあがらずに切れてしまったとき、女性の髪の毛を集めてつくった綱を使うと、みごとに持ちあがったという話が残っています。